会社を辞められない。急増中の「退職代行サービス」とは? | ヤメカタログ

ヤメカタログ

会社を辞められない。急増中の「退職代行サービス」とは?

退職代行する男性 退職の疑問

退職したいと思っても会社が辞められない、仕事が忙しくて辞められないという場合があります。円満に退職するのに越したことはありませんが、最近は人手不足の影響から、退職を申し出ても応じてくれない会社が増えているようです。

最近では自分で会社が辞められない人には、退職代行サービスを利用する方法があります。そんな退職代行サービスについて詳しくご紹介します。

弟子
弟子

辞めたいのに辞められないのは辛いですね。

ヤメ師範
ヤメ師範

言い出しにくい状況や社風。辞めたいと言い出せない本人の性格など理由は色々あるとは思うが、そんな状況じゃ仕事も楽しくないじゃろうな。

弟子
弟子

退職代行サービスとは初めて聞きましたが、なんだか便利そうですよね。詳しく教えてください。

 

PR

退職の申し出には精神力と労力がかかる

上司や会社の圧力により、会社を辞められない状況に追い込まれている人は少なくありません。

辞められない可能性がある

後任が決まるまでと退職日を引き延ばすケースがあります。その結果、退職したい時期に退職できず、日にちが経つうちに退職を諦めざるを得ないこともあります。また、引継ぎに多くの時間がかかるケースもあります。

特定の業務を個人に専業化している場合は、引継ぎの資料がないため、一からマニュアルを作成し、後任を育てるしかなくなります。そうなると後任が育つまでなかなか辞めることができません。

退職に応じてもらえない

上司に退職を申し出ても、一度預かると言われたまま、話が進まないケースがあります。どうなっているのか尋ねると会社で協議中、または再度考え直すことを勧めるか、状況を改善するように検討中など、話を逸らすような対応で退職に応じてもらえません。

上司にとって部下が退職することは管理職の査定評価に影響するので、時間をかけて退職を諦めさせようとします。

ブラック企業で辞められない

残業が多くて長時間労働が常態化している、パワハラ上司に毎日怒鳴られる、人格を否定されるなど、労働条件が悪いブラック企業で働いているケースがあります。退職を言い出したくても、恐怖心や諦めから切り出すことができない状況になります。

以上のような職場環境では退職を切り出すだけでも、強い精神力が必要になり、退職の手続きのための労力は負担になります。

弟子
弟子

辞めるって言いだすだけでも勇気がいる事なのに恐怖心で言えないなんてブラック企業って問題ありすぎですよね。

ヤメ師範
ヤメ師範

そうじゃの。その点、うちはホワイトじゃからお前も楽しいじゃろう。

弟子
弟子

え?僕は弟子だからお給料なんてもらってないですよ。もしかしてもらえるんですか!?

ヤメ師範
ヤメ師範

いや、それとこれとは・・・(汗)。さて、続きを説明しようかの

ブラック企業を退職する方法は?ラインでの退職報告はあり?
ブラック企業でも確実に辞めることが権利として認められています。退職願ではなく退職届を提出し、手続きをすれば退職は可能です。会社に書面で提出しづらければ、ラインによる退職の報告も法律上有効となります。ラインの場合は証拠保存に注意します。

急増する退職代行サービスとは?

退職代行疑問

自分で退職届を提出せず、第三者の退職代行サービスに依頼する人が増えています。

退職代行サービスの内容

退職代行サービスは本人に代わり、退職の意思を会社に電話で連絡し、その後は業者が会社からの連絡の窓口になります。

本人が対応しなければいけないことを説明した後、会社と退職交渉をし、有給休暇の申請や離職票などの督促も行ってくれます。

その他、保険証や会社の備品の返却など、退職の際に必要なことについての相談にも対応してくれます。

弁護士法に違反しない?

退職サービスの気になる点のひとつが、弁護士法に違反していないかどうかでしょう。

本来、弁護士の資格を持たない人が報酬を得て、法律についての仲裁や和解の交渉をすることは非弁活動と呼ばれ、法律で禁じられています。

しかし、その点は大丈夫です。

退職代行サービスは非弁活動に抵触しないように、退職の伝言や説明、質問への対応に限っています。あくまで依頼者が行使できる退職という権利を代行しているに過ぎません。

ちなみに退職代行サービスの内容を弁護士に依頼すると、十数万円の費用がかかります。

退職代行サービスのメリット

退職代行サービスのメリットは、なんといっても「辞められない人が確実に退職できる」ことです。

サービスを利用すると、本人に負担なく確実に会社を辞められます。また仮に辞められない場合は返金してくれるサービスもあります。

法律上は退職を申し出て2週間後には雇用契約が終了するので、会社の合意は必要ありません。

そのため、退職代行サービスが間に入ると、その日に退職の手続きが進むケースが多いです。会社としても2週間欠勤されて、社会保険料を負担するよりすぐ辞めてもらおうと判断します。

心身の健康被害を食い止められる

通常は数万円の費用を支払うことをもったいないと考えますが、辞めたいのに辞められないという問題を抱えている人にとっては、お金を払ってでも辞めたいという心境に追い込まれています。会社に行きたくない、助けて欲しいというような心身の不調をきたしている人を救うことができます。

会社を辞められない人は、仕事を辞めることに罪悪感がある傾向があります。

退職したいのに辞められない状態で仕事を続けると、ストレスから心身ともに健康を損なってしまいます。自分で会社を辞められないなら、退職代行サービスを利用する方法も選択肢になります。

退職代行サービスの流れ

退職代行サービスの大まかな流れは以下の通りです。

サービスを申し込む

電話やメール、LINEなどでサービスを申し込みます。

電話やLINEでヒアリング

担当者が電話やLINEなどで依頼者から、退職理由や交渉状況などをヒアリングします。

料金の支払い

依頼者は指定される方法でサービスの料金を支払います。
退職代行の業者によって異なりますが、平均3~5万円はかかります。

また正社員とパート・アルバイトで料金が違う場合もあります。

本人が対応する行為の実施

本人でなければ対応できない手続きの説明があります。

退職届を作成し、会社に郵送する、制服をクリーニングに出して返却するなどです。

会社への退職報告を代行

本人が必要なことを終えたら、担当者は会社に電話で連絡し、退職の申し出と理由を伝えます。

退職の完了

以上の手順で退職は完了します。

交渉がどこまで進んでいるかにもよりますが、早ければ即日手続きが終わり、退職が完了することもあります。

ちなみに、退職代行による退職の理由は「自己都合退職」になります。

弟子
弟子

退職の申し出を代わりにしてくれるのは助かりますね。

ヤメ師範
ヤメ師範

退職にお金をかけるというのが勿体無い気がするかもしれんが、それでも確実に辞めたいと思う人にはこういうサービスは心強いのう。

まとめ

退職代行サービスは転職支援を行っている会社が、勤めている会社を辞められないという相談を数多く受けたことから、新サービスとして始めるケースもあります。

転職活動を成功させるためには、退職の手続きからサポートする必要があると考えたためです。

本来退職は自分で告げるべきものですが、会社や上司との関係上どうしてもそれができない方がいることも事実です。

そういった方が会社を辞めて新しい人生を一歩でも進みたいと思ってる方は思い切って利用してみてはいかがでしょうか。

コメント