退職の申し出はいつまで?上司に伝えるタイミングは何日前? | ヤメカタログ

ヤメカタログ

退職の申し出はいつまで?上司に伝えるタイミングは何日前?

退職願出す男性 基礎知識

退職の意思が固まったら、滞りなく退職できるように、ルールやマナーを守った行動が求められます。転職などの自己都合で退職する場合、何日前に会社に伝えるべきか、労働基準法に特に規定はありません。そのため、民法や会社の就業規則の規程に従うことになります。円満退社のために退職の申し出の時期やタイミングなどについて解説します。

PR

円満退社のためにトラブルは避ける

次のキャリアに影響することも

転職先が決まっているのであれば、辞める会社にあまり気を遣う必要がないと思われがちですが、退職時にトラブルにならないように気をつけた方が良いです。転職後は関係なくなったはずの前の職場の同僚と、転職先でビジネス上の関わりができることは少なくありません。その際、退職時に何らかのトラブルが起きていた場合、辞めるときにトラブルがあった人と印象づけられている可能性があります。逆に退職するまでの間、誠実に働き、担当業務の引継ぎをしっかり行い、職場の業務に支障をきたすことなく転職した人は、良い印象を持たれます。印象が良くなければ、次の職場での業務に影響が及ぶこともあり得ます。

同業他社やライバル会社へ転職する場合

企業は自社の事業のノウハウや、社内事情を同業他社に知られたくないものです。そのため、会社によっては社員が同業他社や、ライバル会社へ転職することを一定期間認めない場合があります。会社にそのような規程があることを知らずに、うっかり転職してしまうと、後からトラブルになるケースがあります。同業他社やライバル会社に転職する場合は、会社の就業規程をよく確認してください。

周囲に配慮した退職スケジュールを立てる

仕事の区切りや引継ぎ期間を考慮する

退職時期を決める際、担当業務の区切りと引継ぎ期間は大事なポイントです。退職することで一時的に職場に迷惑をかけることは避けられません。仕事の区切りがついてから、業務の引継ぎを丁寧に行い、後任の人が困らないような心配りが伝われば、周囲に与える印象も変わります。周囲に配慮した退職プロセスを踏むことで、円満退社をすることが可能になります。

最終的には見切ることも大切

責任感が強い人ほど後のことが気になり、いつまでに区切りをつけるべきか判断に迷い、退職の意思表示のタイミングを逃してしまいがちです。ただ、担当者が辞めることで仕事に支障が出る体制になっていることは、業務管理を行う会社の責任でもあります。職業選択の自由は保障されているので、必要以上に仕事の区切りや人事体制について意識しなくても構いません。本当に自分以外では務まらない業務なのか、突き詰めて考えましょう。責任感に捉われ、将来のキャリアステップの機会を失うことがないように、場合によっては見切ることも大事です。

退職の申し出をスムーズにするために

退職の申し出のルールやマナー

会社の就業規則に退職を申し入れる時期について、何日前、何ヶ月前にという規程があるはずなので、その時期までに退職の申し出を行うのがルールです。直属の上司に退職の意思を伝えるようにします。職場の先輩や同僚に先に相談したいかも知れませんが、直属の上司は部下を管理する立場なので、まず、上司に退職の申し出をして、了解されたら先輩や同僚に話をしてください。余計な混乱を避けるため、正式に退職の通知があるまで周囲に話さないことがマナーです。

退職の意思表示と退職願の提出

上司は退職の意思表示を受けて、自分の上司や役員と協議し、正式に退職を決定するので、会社側が了承してから退職願を出すようにしてください。一般的には上司に手渡しますが、人事部に提出するケースもあります。退職願は指定の書式があるのか、提出方法は郵送なのか確認しておきます。

退職理由の説明は前向きに

現状に不満があったために、退職を決めたとしても、正直に理由を伝えると会社に与える印象は良くありません。気持ちよく職場から送り出してもらうように、納得できる前向きな理由が望ましいです。新たな環境にチャレンジしたい、さらにキャリアアップを目指したいなど、ポジティブで背中を押したくなるような話をすると良いでしょう。

退職日の決定

民法では退職の意思表示をした後、2週間経過すれば、いつでも辞めることができます。ただし会社の就業規則で何日前、何ヶ月前と規程があれば、その規程に従います。残っている有給休暇を退職前に消化する場合は、引継ぎ期間を考慮して退職日を決めます。有給休暇を使うのは社員の権利ですが、自分の都合のみを優先すると会社側に迷惑がかかります。スムーズな退職のためには周囲への配慮が欠かせません。

退職の時期の注意点

転職先の入社日が指定されている場合

例えば転職先が翌月初めからの勤務を希望しており、月末まで半月ほどしか日数がなかった場合があるとします。職場の就業規則で1ヶ月前までに退職の申し出をすることになっているときは、転職先に内定を得てから1ヶ月待ってもらうように伝えます。何ヶ月も先延ばしにするのでなければ、大体は入社日を調整してもらえます。

ボーナス支給日が近い時期の場合

退職の申し出をする時期がボーナス支給日に近い場合、ボーナス支給後に退職することを伝えた方が良いのではと考えがちです。退職することが分かれば、ボーナスの支給額が減らされる可能性があるからです。しかし、明らかにボーナスのタイミングを避けて退職の意思表示をしたことが分かると、会社側の心証は良くないでしょう。退職金が支給されるのであれば、多少の減額は承知の上で、ボーナス時期に拘わらず、早めに退職の意思を伝えることです。

まとめ

仕事をしながら転職活動をしている場合、現在の職場を退職するのは次のステップに進むための大事なプロセスです。スムーズに退職できなければ、転職を成功させることはできません。退職の申し出のタイミングは仕事の区切りや引継ぎなど考慮し、退職までのスケジュールを組み、円満退社を目指してください。

コメント